手書き製図はデメリットだけではない!CADと比較した手書きのメリットとは?


CADの導入は図面の保管や業務効率化に役立つ

CADを導入する大きなメリットは、図面の保管や業務自体の効率化につなげられることです。CADはコンピューターソフトウェアで、作成した図面はデジタルデータとして保存しておくことができます。手書き製図だと、作成した図面の量が増えるほど、事務所内に保管するために大きなスペースが必要となりますが、CADを導入すれば大容量の記憶装置に多数の図面を保管でき、スペースはほんの少しで済みます。また、他者との図面の受け渡しについても、手書き製図だと渡すまでにいくつかの作業が必要ですが、CADだと自身と相手が導入するソフトウェアに互換性があれば受け渡し前の作業が不要となり、業務効率化につながります。

手書き製図は図面作成の基礎を手軽に学ぶことができる

CADと比較した手書き製図のメリットは、製図という作業そのものの基本を手軽に学べることにあります。いきなりCADを導入しようとすると多額の費用がかかりますが、手書きなら鉛筆・消しゴム・定規・紙といった作業をするためのアイテムと、参考にしたい製図関連の書籍を用意すれば勉強をするための準備が整い、出費も少額で済みます。人間は手を動かすことで、目で見る場合よりしっかりと字の書き方や絵の描き方、物の使い方などを覚えられますが、製図においても鉛筆を使って実際に紙に描いてみることで、より深く基本を修得することができます。

CADの導入は、製図の基本をマスターした後でも遅くはありません。基礎をしっかりと学べば、どのようなCADソフトを導入しても、操作方法を学ぶだけで短期間で対応できるようになります。

電気設備に特化したCADで、電気設備図の作成をサポートするソフトのことを電気CADといいます。これを利用することにより、電気設計の期間や手間を削減することができます。